『リーン開発の現場』に寄せられた著名者の声

リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営

『リーン開発の現場』の原書である『Lean from the Trenches』に関するつぶやきを調べていると、アジャイル界隈で有名な方のつぶやきがいくつかあったので集めてみました。「ブログ書いたよ!」や「レビュー書いたよ!」などがありましたら、このページ下のコメント欄や「ご意見はこちら」、Twitter(@papanda@daipresents)、Facebook(市谷藤原)からご連絡ください。

メアリー・ポッペンディーク

リーンソフトウェア開発シリーズの著者。

ケント・ベック

エクストリーム・プログラミングの発明者。

角谷信太郎

本書の監訳者。原書の発売当初のコメントを見つけました。

平鍋健児

日本を代表するアジャイル実践者。リーンやカンバンの国内第一人者でもある。

ディビット・アンダーソン

開発方法論である「Kanban」の提唱者。

Agile Practitioner, Coach, Trainer, Project Manager, Change Agent. 彼は『リーン開発の現場(http://amzn.to/1fZmsmr )』の翻訳にも関わっている。さらに、趣味は沖縄離島巡りらしい。

タグ: ,
カテゴリー: 記事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。